2005年05月31日

好きな食べ物

キンピラゴボウ

きざんだゴボウをごま油でいため、醤油と砂糖で煮て、刻み唐辛子をかけた食物。きんぴら。〔牛蒡(ごぼう)がかたくて辛いのを「金平」になぞらえたもの〕

三省堂提供「大辞林 第二版」より

*金平というのは坂田金時(あの金太郎)の息子で、怪力の持ち主だそうです。


トマトの頁でも述べましたように、ボクは単純な男で、食べ物の好き嫌いもすぐに他に影響されてしまいます。
幼児期、ポパイを見てホウレンソウが大好きになったり、小学生のとき、日本ハムに勤めていた叔母がお土産にくれたサラミソーセージを食べ過ぎてもどし、あまり好きでなくなったり。

このキンピラゴボウもそう。中学生のときに読んだ横田順彌さんの『脱線! たいむましん奇譚』を読んで大好きになったんです。
内容はタイトルでお分かりのようにSF。それもユーモアSFを通り越したハチャメチャSFであります。

その中の主要人物、松戸歳圓(まつど・さいえん:いかにも、なネーミングだなあ)博士がタイムマシンを発明した動機が、これも自身が発明した「ゴボジン」を北京原人に伝えるため。
ゴボジン。文字通りゴボウニンジンのあいのこで、両者がストライプ状になっているため、これ一本でゴボウもニンジンも食べられる、という代物。しかしなぜゴボジン?
そう、ここでキンピラゴボウが出てくるのです。松戸博士の生家は貧しかったため、少年時代、博士は大好物のキンピラゴボウが食べられなかった。ゴボウが手に入ればニンジンが、ニンジンが手に入ればゴボウが手に入らない。両方一度に買えないほど貧乏だったんですね。
で、血のにじむ苦労の末にゴボジンを開発。そしてそのゴボジンを過去に伝え、少年の自分がたらふくキンピラゴボウを食べられるように、とタイムマシンを開発したのでした。

いやあ、このくだりを読むたびゲラゲラ笑えます。もう四半世紀前に読んだのに今でもキンピラゴボウといえばこの作品が連想されるほど。

それ以来キンピラゴボウが大好きになったんですが、この料理も作る人によってだいぶ味が違うんですね。
ウチの母のは甘みと辛み、両方あります。
昔大好きだった女の子が作ってくれたのは鷹の爪をふんだんに使ったピリリと辛いものでした。

コンビニなどでお惣菜として売っているんですが、買おうとは思いません。
やはりキンピラゴボウは家庭の味、ですからね。

それにしても松戸博士、北京原人に渡したって、現世まで伝わらないですよ〜!
posted by タレイラン at 02:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3986344

この記事へのトラックバック

ワークだいすき!アンパンマンのあいうえお
Excerpt: 言葉が遅い2歳の息子の為に購入しました。本を見るなり、アンパンマン!と喜びやる気マンマンの所まではよかったのですが、絵を「ぬりつぶす」とか「なぞる」という意味がわからず、適当にぐるぐると書きなぐるだけ..
Weblog: ゆきの記録
Tracked: 2007-10-05 13:17

カロリーヌうみへいく (カロリーヌとゆかい
Excerpt: 懐かしくて手にしました私も妻も大好きだった一冊が期待通りを通り越して娘もお気に入り。なんせ8匹の表情が可愛い。繰り返し読んでもページの隅々の小さな発見に娘は可愛いを連発しています。海辺の遊び満載です。..
Weblog: あやこの記録
Tracked: 2007-10-22 13:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。