2007年06月25日

愛の終わりに

以前書きましたように、ボクが高田みづえさんのファンになったのは、彼女の歌手暦の後半、1982年の「愛の終わりに」という歌を聴いてからです。
それまでも「硝子坂」や「パープルシャドウ」、「潮騒のメロディー」、「私はピアノ」、「涙のジルバ」等を歌っていたのは知っていました。しかし、なにせもともと歌番組はほとんど見ない/聴かない人間。加えて中2から、友人たちとともに地元の神社に二年参りに行く習慣ができてしまい、紅白歌合戦もそれ以来見ておりません。
ですからボクにとってみづえさんも他の歌い手さんと同じ存在でした。
ところがある日、ラジオでみづえさんをゲストにした番組が流れ、そこで「愛の終わりに」を聴き、その歌唱力にびっくり。レコード店にゆき、ジャケットで彼女の写真を見て二度びっくり。
「こんな綺麗な女性が、綺麗な声で、綺麗な歌を歌うのか」

当時ボクは18歳。みづえさんは22歳。
思春期の少年にとって綺麗なお姉さんというのは、ナポレオンやヒトラーを超えるカリスマを備えているものです。
それ以来彼女のレコードを買いあさったのは言うまでもありません。

彼女の歌を振り返ると、「愛の終わりに」は一つのターニングポイントではなかったかな、と思います。それまでにも大人の恋愛(というより失恋)を歌ったものも多くありましたが、それらはどちらかといえばお洒落な歌。恋愛が伴っているある種の泥臭さをあまり感じさせないものでした。「愛の終わりに」や後に出た「秋冬」は、演歌とまではいかなくても、お洒落では済まされない、奇麗事では済まされない女性の心情を、これまた演歌とは異なるストレートに綺麗な声で歌っておりました。
*以上、あくまでボクの感想です。演歌が泥臭いとか、演歌歌手の発声に文句をつけているわけではありません。

当時はただみづえさんの姿や声にほれていましたが、その後いろいろと、まあいろいろと、ホンマにもういろいろとありまして、彼女が歌っていたその内容が実に身にも心にも染みるようになりました。
作詞作曲は花岡優平さん。ご自身ミュージシャンとしてこの歌も歌っておりました。ボクが聞いた話では、花岡さんの歌を聞いたみづえさんが、ぜひ歌いたいと頼み込んだそうです。

人の心が変わるのは、ある種やむをえないこと。
それは実は自分が変わったからかもしれないし、自分が変えたのかもしれない。
別れの予感に悲しみつつも、仕方ないとあきらめてもいる。
そんな心情を歌っています。
失恋したことで笑われても、人を愛せない人よりは幸せ
という詞の内容ははもちろん、彼女の美しい声がそれをいっそう引き立て聴く人の心を震わせます。

ボクがこの歌を本当にわかったのはハタチを超えてから。
つまりそれまでの恋愛は子供のお遊びだったんやね?
posted by タレイラン at 22:40| 🌁| Comment(39) | TrackBack(6) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。