2007年05月15日

日本人の倫理観

最近倣岸不遜(ごうがんふそん)になっているタレーランであります。
「太陽にほえろ!」ゴリさんが、ごり押しのゴリさん」ならば、さしずめ僕は「ゴウさん」かな。なんか郷ひろみさんみたいでかっこいいですね。
倣岸不遜なので久々に「嫌い」なものを書きます。

先日読んだ本に興味深いことが書いてありました。環境保護運動が盛んになって久しいですが、人が思い描く環境――この場合は自然環境なのですけれども――は自分の子供時代のソレであることが多い、というんですね。つまりノスタルジーが含まれていると。この説が万人に当てはまるわけではなく、理性的に環境保全を考えていらっしゃる方はいるのでしょうが、ボクはうんうんとうなずいてしまいましたね。

他にも同じようなことが言ものはありますね。
「今の子供は」
「今の若い者は」
と言うときに、今と比較しているものは大体が自分の子供時代、若い頃なんですね。もちろん仕事やプライベートなどで子供さんや若者に接する機会が多い方は、過去自分が接してきた子供さんや若者たちと比較をしていることもあるでしょうね。
もちろん現在と過去の比較は単純にはできません。多分にノスタルジーによって美化された過去と、憂き世である現在との比較ですから、どうしても後者は分が悪い。
だから子供さんに
「今の子は」
というお説教はマイナスにしかならない。兄弟との比較、他の家の子供さんとの比較、これもまたやってはいけないことだけれど、これらよりも理不尽ですから。正当に競争して乗り越えることができないのですから。
しかし
「今の若い者は」
というのはありかなと思いますよ。「若い」といえ実年齢はさまざまで、ボクでも若造呼ばわりされることがありますし、ボクの親父の世代でも若いと言われることはあります。政治家の世界ではそうですよね。
ともかく「若者」に立ち塞がる頑固者がいてもいい。それははるか昔から繰り返し繰り返し続けられてきただろうことでしょうから。

さてここからが本題なんです。
日本の倫理観を論ずるときに
「今の社会は倫理観が薄い」
とおっしゃる方がいらっしゃいます。これも「今」と比較される過去は、ご自分の幼少期であることが多いのではないでしょうか。あるいはお若い頃かな。いつの時代でも周囲の大人たちは子供さんや若い人には倫理観を強く要求しますから、その頃が倫理観の強い時代だったと、感覚的に思っちゃうんでしょうね。あくまでボクが感ずるところですけどね。
どのみち人の心に関することですから、客観的なデータはとれない。犯罪率やら家庭内暴力やらのデータはあるでしょうが、それらから導き出そうとしても難しいでしょう。ましてや青少年の意識調査などの抽象的なものを対象にしたアンケートはむやみに参考にするのはあぶない。
だからそのような思い込みからくる警告を発し続けるのは良いことだと思います。先に書いた「今の若い者は」と同じで、いつの時代でもシニアはジュニアの重石になっていなければならない。

とはいえ自分が生きてもいない時代のことを持ち出してどうこういうのはさすがにいけないと思いますよ。これも一部の識者に見られる主張なんですけれども、明治期や江戸期の日本と現在を比較して
「今の日本はだめだ」
とおっしゃる。極端な人になると、過去の方が良いのだから、それに戻すべきだと考えている場合もある。
これは失礼ながらものすごく能天気な考えですよ。
明治期はまだしも江戸時代となると、われわれの一人として体験者がいないじゃないですか。何を根拠にそんな主張をするのでしょうね。

こういった方々は過去の道徳律、記録に残っている道徳律を見てそう思い込んでいる。「武士道」なんてのがそうです。武士道があるから、昔の日本人は、または武士は高潔であったと思い込んでいる。
冗談を言っちゃあいけない。高潔であれば武士道なんかいるものか。泥棒がいなければ鍵が要らないのと同じで、武士道にせよ、西洋の騎士道にせよ、彼らが物心両面で没落してからできたものです。
時代ドラマで人気の新撰組は「誠」を旗印に、実に厳しいルールでもって隊士たちを統率していました。
   一、士道に背きまじきこと。
   一、局を脱するを許さず
   一、かってに金策いたすべからず
   一、かってに訴訟を取り扱うべからず
   一、私の闘争を許さず
   右の条々に背候者は切腹申付べく候也

これは子母澤寛さん『新選組始末記』に見える「局中法度」です。
*ただしこれが本当にあったかどうかは現在は疑問視されています。


ともかく彼らは非常に厳しいルールを作り、それに背いたものをしばしば切腹させました。
だからといって彼らが高潔であったとか、逆に堕落していたとか言うのははなはだ短絡的であります。また「士道」に必要以上にこだわっているのも、彼らの多くが本来の武士ではなかったからです。

確かに武士道というのはすばらしいものです。道徳律というのはたいていどれでもすばらしいものです。
だからといってその時代がすばらしかった訳でも、その時代の倫理観がすばらしかった訳でもありません。
ボクは江戸時代や明治時代、(そして一部の方が唱える戦前)を闇雲に美化する人、そして現代をけなす人は「アブナイ人」と認識してます。識者と呼ばれる人なら特にです。
ゆえに一部の大学教授や政治家は嫌いです。
posted by タレイラン at 22:46| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

久保田早紀さんと高田みづえさん

先月に続き昔話を。
あちこちで書いているのですが、ボクには距離感と音感がありません。
「駅から○○メートルくらいまっすぐに行くと」
と説明されてもぴんと来ないのです。面積も然りで、坪数もアール・ヘクタールも、平方キロメートルも、いずれで表記されてもぴんと来ない。「東京ドームの○○倍」と言われてもだめ。
音感。音痴ではないらしいのですが、ドレミもイロハもわからない。もちろん楽譜を見てもちんぷんかんぷんです。赤ちゃんの産声が「ラ」の音だそうで、このように言われると何とかわかります。だから教会で聖歌隊に入っていた頃は苦労しました。ボクが苦労したのではなく、ボクを指導する方が苦労したのです。
家でほとんど音楽を聞かなかったから音感がないのです。

中学高校になりますと友人との話題で音楽がある程度のウェイトを占めるようになってきます。当時はニューミュージック全盛でありまして、ボクの周囲では長淵剛さん松山千春さんが人気を二分していました。高1の合唱コンクールの自由曲も松山さんの「大空と大地の中で」。でもボクはまったく知らなくて。今でもそうですが、家でもほとんど音楽を聴かなかったのです。
ただ松山さんの「夜明け」という曲だけは、『詩とメルヘン』という雑誌に載っていたので知ってました。
*ニューミュージックという言葉自体、もう使われなくなりましたね。

そんなボクでしたが、久保田早紀さんだけは別でした。
「異邦人」で彗星のようにデビューしたのが1979年、ボクが中3の頃。そりゃもうものすごい人気で、音楽に無縁なボクでもさびの部分はいやというくらい聞きました。でも高校受験の真っ最中でしたから、きちんと聞いたことはありません。それに当時は世界史にはほとんど知らなかったので、「シルクロー
ドのテーマ」と言われてもまったく興味がわきませんでしたね。
*同年『3年B組金八先生』とその主題歌「贈る言葉」が大ヒットしましたけれど、これも知らなかった。

それが翌年の夏には久保田さんのファンクラブに入っていました。
当時購読していた『天文ガイド』という雑誌。この6月号に久保田早紀さんのインタビュー記事が載っておりまして、彼女も天体望遠鏡を持っていること(機種名や口径もすらすらと述べていた)や、彼女の曲すべてに無限・宇宙・自然というテーマがこめられているのだ、という言葉を見て、いっぺんに好きになってしまいました。
早速妹が持っていたファーストアルバム『夢がたり』を聴きますと、インタビューで仰るとおりのテーマを感じさせる、今までに聴いたこともない―といっても、今までほとんど音楽を聴いていなかったのですが―不思議な雰囲気の歌です。そして美しい歌声。高音になると少しハスキーがかかって、本当にきれいでした。容姿もかわいらしくて、当時近所に住んでいた従姉から
「東海クンはこういうコがタイプなんだ〜」
とからかわれたりしたものです。言われるたび「天文ガイドの〜」と必死で否定したのですけどね。

*実を言うとボクが好きだったのは、2こ年上の、ボクなんかより頭がよく、スポーツも万能だった、この従姉だったんですよ。

ボクが一番好きなのは、サードアルバム『サウダーデ』


特に「トマト売りの歌」というのがお気に入り。トマトは嫌いなのですけれどね。
シングルでは「ねがい」。実はこの曲をイメージに源頼朝の長女大姫、長男頼家を扱った歴史モノを書いたことがあります。小説というほどたいそうなものではなく、べたべたなロマン調で、多分に少女漫画の影響を受けたものでした。


高田みづえさんは高校3年の時にラジオで「愛の終りに」を聴いた頃からのファン。ファンとしては後発組で、当時はすでにアイドルという位置づけではなく、実力派の女性シンガーでした。
アイドル時代からみづえさんは歌唱力が高いと評判で、デビュー曲の「硝子坂」をはじめ「青春U」「真夜中のギター」「私はピアノ」「そんなヒロシに騙されて」などカバー曲が多かったです。
彼女の場合は歌よりも容姿に惚れた部分が大きかったかなあ。ボクにも思春期があったのです。年齢的にもちょっと年上のお姉さん、大人の女性を感じさせました。恥ずかしながら夢に見たことがありますよ。夢の中でデートをしました。恥ずかしい限りです。
ボク自身が高校生、大学生になっていたんで、追っかけなぞしませんでしたが、レコードはすべて買い集めました。後発のファンとしてシングルを集めるのに苦労しましたね。旅行などに行って、地方のレコード屋に入るのが楽しみでした。
苦労して集めたレコードですが、引越しを繰り返すうちにほとんど手放してしまいました。今でも数枚残ってますが、プレイヤがないのでジャケットを眺めるだけです。
しかし『高田みづえ全集』というCD6枚組みのが出ておりましてね、シングルAB面だけでなくアルバム曲もかなり入っている―といってもすべてではない―のを買いました。15000円もしたのですけれど。

大学時代にはMTVが放映を開始。プロモーションビデオというやつを流す番組。当時は新鮮でした。マドンナシンディ・ローパーマイケル・ジャクソンなどが大変人気がありまして、ボクも「スリラー」のビデオを見てレコードを買ったクチです。
*あの頃のマイケルはまだ見られる顔だったなあ

そんなこんなでやがて聴かなくなってしまったお二人の歌。それぞれが引退するときにはもう興味をほとんどなくしていたという薄情なファンでありました。
その後もたまにCDを引っ張り出して聴くことはあります。するとどうでしょう。10代20代では頭でしか理解していなかった歌の内容がわかるようになって。ボクも大人の経験を積んだということでしょうか。
posted by タレイラン at 04:20| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。