2007年02月27日

君は長嶋茂雄を見たか

元ロッテ監督の金田正一さんは、不滅の400勝投手として、ボクが子供の時分には、もう半ば伝説的な存在となっていました。その一方で週刊誌などで彼の短所も報じられはしていたのですけれど、小学生の耳にはそんなもの届きやしません。「偉大なる400勝投手」「キャッチャーが指を脱臼するくらいの剛速球」「星飛雄馬に大リーグボールを開発せよとアドヴァイスした男」として、伝説のヒーローでありました。
その金田投手が、先輩にこんなことを聞いたそうです。
「俺の球、沢村さんと比べてどうですかね」
沢村とは沢村栄治投手。プロ野球草創期の速球投手。何度か兵役に駆り出され、肩を壊してしまい、速球投手としての命を断たれたばかりか、しまいには戦死してしまった、悲劇の投手です。

剛球の金田、腕に自信があっての質問でしたが
「アホウ、比べ物になるかい!」
一喝されたそうです。
本当のところ、沢村の球がどれくらい速かったか、記録には残っておりません。関係者の記憶と、対戦成績から推し量るしかないのです。そして記憶は、しばしば美化されるものなのです。

その金田の剛球も、先述したエピソードで推し量るのみ。彼もまた伝説の存在となってしまいました。

沢村、金田に限らず、伝説のプレイヤたちの凄さは、実際に対戦した人、見た人にしかわからないもの。そしてそれをうまくは伝えられないものです。

本塁打記録でとうの昔に抜かれたとしても、ベーブ・ルースの偉大さは変わらないでしょうし、記録が断片的にしか残っていなくても、史上最強の投手はサチェル・ペイジなのです。

長嶋茂雄は、名選手であり、名監督でした。
ボクは彼の現役時代末期しか知らないのですけれど、それでも
「巨人は嫌いだけど、王と長嶋は別」
というのが周囲にはごろごろしてましたね。無論ボクもそうです。当時の野球入門書はほとんどが長嶋が表紙でした。
実を言えば、運動が苦手なボクは野球もあまり好きではなかったのですが。
ボクがはじめて自分のお金で見に行った映画が『長嶋茂雄栄光の背番号3』。彼の引退した年に上映されたドキュメンタリー。同時上映が『ゴジラ対メカゴジラ』。『メカゴジラの逆襲』だったかな? 観劇料500円だったと記憶しています。

長嶋が最高の選手であり、監督であることに異論は多いでしょう。それでもいいのです。
ボクは長嶋を見た。

いつか
ボクはイチローを見た
という時代が来るのかもしれませんね。
posted by タレイラン at 04:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

自動車

ええと、「嫌い」のカテゴリで書く度に申し上げていることですが、嫌いと申しましても、大嫌い〜興味なし、までの幅広い範囲を取り扱っております。ですから、
「なんやコイツ」
と思わず、お読みください。

自動車は人気がある乗り物です。
子供は特殊車両が大好きですね。特にパトカー。大人になるとパトカー、人気なくなりますが。
小さな子供たちはミニカーを欲しがります。ミニカーはおもちゃの範疇を超えるほど精密に作られたものもあり、資料価値の高いものもあります。

ボクはミニカーに、ひいては自動車に興味のない子供でした。
いつからそうなったか。少なくとも『マッハGO!GO!GO!』マッハ号や、『サンダーバード』ジェットモグラは好きでしたから(でも一番好きだったのは2号)、幼稚園に上がる前は自動車も他のメカと同じく、興味の対象でした。ああ、そういえば『ウルトラセブン』に出てくるポインターも好きでしたね(それでもウルトラホーク1号3号の方が好きだった)。



お金持ちの友人の家に行くと、ミニカーが大量にあって。でもうらやましいとは思いませんでしたね。やはりボクは飛行機や船の方が好きだったようです。

中学生になったくらいのころ、スーパーカーブームというのがありまして、皆スーパーカーの消しゴムをたくさん持ってましたけれど、ボクは紙ヒコーキ、折り紙ヒコーキではなく、グライダー型のものに夢中になっていました。当時読んでいた『子供の科学』の影響かもしれません。

同じようにバイクにも興味ありませんでした。
高校時代はいつか「鳥人間コンテスト」に出てやろう、ひそかに燃えておりました。その夢は社会人になって、かないました。

宇宙船にも興味は抱けませんでしたね。エンタープライズにも、ヤマトアルカディア号にも。アポロ11号は別でしたけれど。
思うに、空と海、そして宇宙にはスリルとロマンがあり、ロマンティスト(かつ非現実家)のボクはそこに魅入られていたのでしょう。
宇宙を舞台にしても、ヤマトにはロマンを感じなかったのはなぜだろう??

自動車が嫌いなわけではありません。現代社会は自動車なしには成り立たないと思っております。

         


posted by タレイラン at 17:59| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機

飛行機が好きです。それもプロペラ機が。
今でも空を飛ぶ、飛行機を操縦することは大変ですが、それでも年間何百万という人が空路を利用している。広大な大空も、ラッシュが発生する。そんな現代の、ほんお数十年前までは、空を飛ぶというのは大変危険なことでした。
空の英雄リンドバーグアメリア・イアハートたちの時代。空を飛ぶことが冒険だった時代。その冒険家たちを支えた飛行機が好きです。

悲しいことに戦争は、科学技術を飛躍的に発展させます。第二次大戦中は2〜3年も経てば最新鋭機も時代遅れとなり、戦争末期にはドイツや日本で、ジェットエンジンやロケットエンジンを積んだ飛行機が開発されました。
プロペラ機が活躍した最後の時代、戦争中はたくさんの名機が生まれました。メッサーシュミットフォッケウルフスピットファイアームスタング、それに零戦疾風など。
今でも当時のエンジンのっまで、飛べるように保存された飛行機があります。ほんの少数ですけれども。かつての敵機どうしが翼を並べ、飛んでいる写真などを見かけます。現代の平和な空を、自由に飛んでいる姿こそが、彼らの望む姿なのだろうなあと思えてなりません。



飛行機好きのボクにはたまらない映画。『スカイキャプテン』。主人公の乗る飛行機は、十得ナイフのような多機能飛行機。昔懐かしマッハ号の飛行機版といったところか。ありとあらゆるとおころで「空中戦」を繰り広げます。
『オズの魔法使い』『天空の城ラピュタ』をはじめ、数十の名作映画のパロディ的な画面、小道具、大道具も出てきますよ。
posted by タレイラン at 06:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

眼科

最近は二月に1回のペースで献血にいっているので、割と健康管理できているかなと思うボクです。
慢性のアレルギー性鼻炎なので、花粉症にかかりやすく、これからの時期が大変ですけれどもね。内臓も弱いので、気を使っています。我慢するより早めにお医者に行きます。
最近は足腰が弱くなったかもしれません。年寄りじみていますけれど。新しい自転車を買ったので、はしゃぎすぎて、乗り回しすぎたら、膝をやられました。普段運動不足だったのに、無理したからですね。通勤に使ったんですよ、自転車。一日往復30キロくらい乗ってました。若くはないのだ、ということと、普段から体を使ってないとあかん、ということを思い知らされました。

お医者に行くのを面倒くさがらないボクですけれど、眼科だけは苦手です。物心ついてから、2回行っただけ。
どうやらボクは先端恐怖症らしく、目や眉間にとがったものを向けられるのが非常にいやなんですよ。そういう人、いると思いますけれど。痛いのではないですが、我慢できない。
床屋で
「目の下を剃ってもいいですか」
ときかれますよね。その時ボクは
「目の下だけでなく、眉間も剃らないでください」
と必ず言います。
ひどい話、テレビで画面中の人物に指を指されるのもいやなんです。気になりだすと、箸やヤカンの口などがこっちにむいているのも嫌になります。こうやって書いていると、そのような場面を創造して、嫌になってきました。
だから目薬もうまくさせません。目薬をさしたのは数えるほどしかありませんが、そのたびに辛い思いをしました。

数年前にヘルペスにかかりまして、まぶたが腫れ、しまいには膿が出てきたので、皮膚科に行った所、
「眼科にも行ってください」(そこは総合病院でした)
これが我が生涯2回目の眼科でした。
辛かったですよ。眼底検査とか、目薬さされたりとか。
「何をそんなに怖がっているの」
と叱られましたっけ。
「ほっといたら失明したかも知れんぞ」
とも。かなり怒られました。

目にだけは気をつけよう。目薬や眼科のお世話にならないよう。


そんなボクですが、小・中・高・大とずっと剣道をやっておりました。
posted by タレイラン at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注射

献血に行ってきました。成分献血。
昔は図書券(500円)をもらえましたけれど、今はサランラップとか洗剤、石鹸などの記念品です。もちろん記念品はいらない、という方もいらっしゃいます。
昨年秋から、献血手帳も献血カードに変わりました。
現在までの献血回数や、種類ごと(200ml,400ml,成分)の次回献血可能日が、その都度更新されて記載されます。さすが21世紀。
ボク自身でも把握してなかったんですが、献血回数は40回。大体年3回のペースですね。
ボクが献血を始めたのは25の時。それまでは
「輸血をしてはいけない」
というキリスト教系新興宗教の影響が抜けず、献血を避けていました。

子供のころから注射は好きだったんで、針を刺されるのは抵抗なかったです。世間のお役に立てるんだなあとうれしかったですね。

注射が好き! というと、変な顔をされるか変な想像をされてしまうのですが、無理もありません。
・痛いのを好む性癖なのか
・やばいクスリでもやっているのではないのか

実は子供のころにかかっていたお医者が、とても子供をのせるのが上手な人でして、注射を打つときも、そりゃみんな嫌がりますから、我慢した子にはバンソコウ―注射の針跡に、昔は小さな白い、正方形の絆創膏を貼っていたんです―をおまけして2枚貼ってくれたり、帰りにミルキーなどのお菓子をもらえるのですが、それを倍にしてくれたりしたんですね。
それが何だと、大人は思うでしょうけれど、実際今のボクはおう思うんですけど、小さい子供のころはうれしく誇らしかったですね。1枚のバンソコウが2枚に、1粒のミルキーが2粒になっただけで。
そんないきさつがあったんで、注射が好きになりました。
とはいえ、お尻などにでっかい注射をされると、やっぱりないちゃいましたね。それでもその先生はガンバッタご褒美に飴玉をくれましたっけ。結局泣いても泣かなくても、注射の後にご褒美、貰えたんですね。

献血とうのは、簡単な話点滴の逆で、静脈にやや太目の針をさしたまま一時間弱じっとしていなければならない。うちの親父は、先日癌で亡くなりましたが、いろいろな管を体にさされて、そりゃあ見ていても痛々しかったです。辛かったろうに、母以外の人に苦しい顔をすることはありませんでした。

注射が好きだ、なんて能天気なことを書いた自分が恥ずかしくなりました。

posted by タレイラン at 00:00| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

萌え

オタクのはずなのに、「萌え」というのが苦手です。
少年漫画雑誌にそれっぽい漫画が増えるのは嫌です。
年なのかな。オタク第一世代だからかな。

でも永田萌さんは大好きです。
雑誌MOEも好きですよ〜〜




posted by タレイラン at 08:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西暦2008年7月

gigant
西暦2008年7月
人類は絶滅の危機に直面していた。
核兵器をはるかに超える超磁力兵器が
世界の半分を一瞬にして消滅させてしまったのだ。
地球は大地殻変動に襲われ、地軸は捻じ曲がり、
五つの大陸はことごとく引き裂かれ、海に沈んでしまった。



いきなりハードな文句を書き連ねまして、スイマセン。
これは今から30年近く前にNHK教育テレビで放映したアニメ『未来少年コナン』のオープニングの一部です。


伊武雅刀さんのあの渋い声でのナレーションですから、それあ重苦しかったですよ。でもそのすぐ跡に、明るくさわやかな主題歌へと続くんですけどね。
conanopeing

2008年7月ってもうすぐですね。
今のところ超磁力兵器は開発されてないから大丈夫、かな。
劇中では2008年人類の大半が滅んだあと、その20年後のお話。


僕にとってこの『未来少年コナン』という作品はものすごく思い出深い。それまで漫画もアニメも「小さい子供のもの」と思っていたから、このアニメを見てもうびっくりしましたね。当時中学生だった僕はもうすっかり夢中になりました。

この作品がなかったら僕はこんなに日本のアニメを好きになることはなかったでしょう。もっと早く僕の心は枯れちゃったかもしれず、大げさに言えば僕の人生を変えちゃったのだと思います。

『未来少年コナン』は宮崎駿さんがはじめて演出(映画で言うと監督)を手がけた作品で、「宮崎アニメの原点」とも言われています。
『天空の城ラピュタ』は「未来少年コナン2」というアイディアでNHKに持ち込んだんですが却下され、映画にしたそうです。
時代背景等はぜんぜん違いますが、キャラクタの位置関係がよく似ていますね。

posted by タレイラン at 05:41| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。