2006年06月26日

世界に一つだけの花

えー、このブログは好き嫌いを述べてゆくものです。
原則として好きなものと嫌いなものをセットで記事にしてます。これは自己訓練のためです。好きなものについて書くことはできるんですが、嫌いなものについては書きづらい。人様を不快にしないように書くのは難しい。なにせ「嫌いなものは○○」とした時点で不快感を持つ方もいらっしゃるでしょうから。。。
嫌いといいましても度合いがありまして、それこそ「反吐が出るほど嫌い」なものから「ちょっと苦手」なものまで様々。

「世界に一つだけの花」は初めて聞いた時から、そして今でもちょっと苦手です。
詩の内容が抽象的でありながらストレートにメッセージが伝わって苦手です。
いいなあとは思うんですよ。苦手と感じるボクはひねくれているとも思っています。まあ、それこそ人間十人十色なんですから、そう思うヤツがいてもいいですよね?

この歌を書いた(作詞作曲)のが槙原さんと知ったのは最近のこと。
「そうなんだ」と思いましたね。意外とは感じなかった。

「どんなときも」は好きなのに、この歌が苦手なのはなぜなんだろ。
メッセージの強さのせいかといえばそうでもなくて、たとえばボブ・ディラン「Blowing in the wind」は大好きな歌です。
メッセージの内容が苦手なのかなあ。
でも同じく癒される内容の「聖女たちのララバイ」は好きなんですよ。

この歌が多くの方々を元気付けたことは理解できます。

ボクはひねくれものなんですね。

posted by タレイラン at 15:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HUNGRY SPIDER

noriyukimakihara015.jpg

ボクが槙原さんを知ったのは映画館で『就職戦線異常なし』の予告編を見たとき。そう、この映画の主題歌が「どんなときも」なんですね。
申し訳ないんですが映画は見ませんでした。関係者の方には非常に申し訳ないですがタイトルにも内容にも魅力を感じなくて。「人間・失格」というテレビドラマもこの頃かな? とにかくタイトルに独自性がない。この映画の場合はコメディだからよいのでしょうけれど。
そういえばバブルの最後期でもありましたね、当時は。

「どんなときも」は好きでした。カラオケでもよく歌ったなあ。
実を言うと槙原さんのようなきれいな声の方は苦手なんですよ。
さだまさしさんとか松山千春さん、小田和正さん、尾崎豊さんなどなど。
も少しパワフルなのが好きだったんです。
ファンの皆さん、スミマセン。

でも「どんなときも」は好きだったな。好き嫌いに理屈はないから今でもなぜ好きかワカリマセン。

槙原さんので一番好きなのが「Hungry Spider」とそれが入っているアルバム『Cicada』
虫が好きなんでクモ、チョウ、そしてセミが出てくるだけで十分食指をそそるんですが、他にもよい曲がたくさん入っています。

Hungry Spiderはテレビドラマ『ラビリンス』の主題歌だったとか。ドラマは見ていないのですが、病院を舞台にしたサスペンスだそうで、ああ、だからこんな曲調なんだな、と思いました。
自らをクモ、恋する相手をチョウになぞらえたミステリアスな歌詞と曲です。


posted by タレイラン at 14:35| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

槙原敬之さん

ボクには距離感と音感が欠けています。

距離、というかぱっと見て長さがつかめない。
ビルの高さとか部屋の広さ(それぞれの辺の長さ)、道幅、人の背丈、などなど。
だから想像もできない。
「ティラノサウルスは体調15mです」
なんて書いてあってもどのくらいの大きさなのかすぐにはわからない。


音感がないので学生時代音楽の授業は苦手でしたね。
そんなボクも教会では聖歌隊に入り、芝居ではオペレッタに出演し、人前で歌を歌ったんですから、我ながら大したもんです。
楽譜が読めないんで、徹底的に聞いて覚える。練習して訂正されて、そしてまた練習して、、、を繰り返し、それでなんとか人並み。
だけどカラオケは好きですよ。

普段あまり音楽を聴かないんですよ。
決して嫌いなわけじゃない。以前にも気に入った曲をご紹介しましたけど、ふと耳にしていいなあと思ったものは聞きます。
今はテレビ、ラジオも殆ど見ないし聞かないんで、買い物に行ったお店に流れていた曲とかで気になったらCDを購入するか、昔から好きだった人のCDを購入するくらいです。

昔から好きだったのは
サイモン&ガーファンクルシンディ・ローパーマルティカ
遠藤賢司さん中島みゆきさん
そして槙原敬之さんです。
posted by タレイラン at 12:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 好き嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ブログバトン

バトン友達(つまりバト友?)の史さんからいつものごとく奪ってきました。


1.あなたのブログについて説明をどうぞ。(テーマ、内容など)
好き嫌いをテーマにしてます


2.ブログタイトルの由来は?
「好き嫌いはダメだよ」って言われて育ってきたけど、
やっぱり好き嫌いってあるのよね〜〜。
そんなボクを許してください〜〜〜〜。

ホント、好き勝手言ってるけど、許して!

もう一つのタレーランブログが「見ないで!」なんで、
それとつり合ったタイトルにしました。


んん〜。ついでだからばらしちゃおう。
「見ないで!」は見て欲しくない赤裸々な自分を書こうと思ったから。
フーシェで書いてる
「マンガは五官をだめにする!」は『チョコレート工場の秘密』にあった「テレビは五官をだめにする!」から。マンガは素敵なものなんだけど、あえて反語的なタイトルにしました。
ブログに限らず「東海〜」ってタイトルが多いけど、これはボクの本名が「東海」だからです。なんて読むかは秘密。「とうかい」じゃないよ。


3.ブログを始めたきっかけ、動機は?
ブログ友達(つまりブロ友?)のスカイアイさんがseesaaブログを紹介されていて。ちょうどテーマを絞ったブログを書きたかったものですから、開設しました。
一番最初はアメーバだったんですよ。今も続いてますが。
これは会社の社長に勧められて(命令ともいう)。


4.お使いのブログサーバーを選んだ理由は?
しまった。3で回答しちゃったよ。


5.ブログを始めて良かったこと
たくさんの人とお友達になれたことですね。
フーシェブログの方は社長さん以下同僚、家族、周囲の人間殆ど知ってますから、直に感想が聞けて、これも嬉しいです。
文章を書くのに慣れたのもよかった。


6.反対にブログを書いててむかつくこと。
むかつくことはないです。
実は始めるまではかなり不安だったんですよ。
ネット社会っていうと2ちゃんねるっぽいのを連想してたんで(笑)。
ところがコメント寄せる人、メールくださる人、皆さん実に親切かつ紳士的。
まあ、メジャーなブログでないし。


7.好きなブログ
ボクが見に行くブログ、皆好きですよ〜
いや、ホント。


8.バトンを渡す人
ボクの友達になった人。
つまりあなたですよ〜〜!!


1.あなたのブログについて説明をどうぞ。(テーマ、内容など)
2.ブログタイトルの由来は?
3.ブログを始めたきっかけ、動機は?
4.お使いのブログサーバーを選んだ理由は?
5.ブログを始めて良かったこと。
6.反対にブログを書いててむかつくこと。
7.好きなブログ
8.バトンを渡す人
posted by タレイラン at 00:29| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 好き嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

嫌いな女性

おりません。
そんな、滅相もない。



あえて申せば
差別と区別を混同して
形だけの平等にこだわる人かな。。。

男女問わず、そんな人は苦手です。

もちろん、差別する輩は嫌いですよ
posted by タレイラン at 23:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな女性

好きな女性、憧れの女性のことをあれこれ書くのは楽しいことです。
だからあちこちに書き散らしてまして、いろんな方から
「つまりあなたは〜なタイプが好きなんだね」
とご指摘を受け、逆に自分のことを教えられている次第。

気の多いボクは(身の程をわきまえず)非常にたくさんの女性が好きなんですけれど
そして年齢やその時々の状況によって好きな女性が増えてゆくのですけれど
その大半は現代もはや生きていない方々なので(たとえば秀吉の正室、北政所とか)まあ許してください。


大黒摩季さんと柴門ふみさんと塩野七生さん

歌い手では大黒さん、漫画家では柴門さん、作家では塩野さんがお気に入りです。
みなカッコイイ
自分が軟弱なんで、硬派な人に惹かれちゃうんですね。男女問わず。

昨今の漫画やヤングアダルト小説を見ていると、女性より男性の方がロマンチスト、待ちの姿勢になってるんじゃないかと思うんですよ。
「白馬の王子様が迎えに来る」
という大昔の少女マンガ、小説のパタン(本当にあったかどうかは知らない)がここ10年ほどは男女攻守入れ替わって
「かわいい女の子がそばにいてくれる、惚れてくれる」
というパタンに変わっちゃってるような気がする。
気の弱い男、晩生な男の子をやや気の強いあるいはわがままな、はたまた天真爛漫な女の子、お姉さん、お嬢さんなどなどなどが引っ張ったり引きずり回したり、そんなのが目に付くような気がします。
そんなにたくさん読んでるわけでないので、ボクの思い込みかもしれないけれど。

こういった傾向が悪い、と言ってるのではないですよ。
男性が女性化、あるいは幼児化しているとも言ってないです。
思春期の少年はある面少女よりもろい面がある。もちろん女の子だって男の子よりもろいところがあるのは確か。
常にストレスにさらされているヤングアダルトがいるのも事実。
そういった面が出てきた、そういったニーズに応える作品が出てきて人気を博しているのだと思うのです。健全化不健全かという問題ではなく。

ちょとくどくなりました。
ボクの好きなこのお三方、いずれも恋愛に対して硬派だなあと、そんな作品を出してるなあと思います。
ちょと古いですか?

実は今大黒さんの曲を聞きながらコレを書いてるんです〜





posted by タレイラン at 23:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

苦手な飲み物

ビール

前回申しましたようにビールは少し苦手です。
飲めない、というんではないですよ。
お付き合い程度には飲みます。生中一杯くらいかな。

大学では学生寮に入ってました。
これが、もう、入寮したその日から酒漬け。
新入生歓迎コンパから始まり、部屋(4人部屋で1〜4回生1人ずつ入る)が決まればその部屋で歓迎会。5〜6部屋集まってグループを作ってまして、そのグループで花見。
なにせ宴会場と寝る所が同じ建物内ですから、もう何度も吐きましたね〜。
入学式はあまり覚えてません。二日酔いで。頭痛くて。
で、サークルでも飲む。
我人生で一番酒を飲んだ4年間でしたね。

学生ですから、そんなに高い酒は飲みません。
ビールと日本酒が殆ど。
焼酎はあまりなかったなあ。。。

最初の4月5月はビールを見ただけで気持ち悪くなるほど。
まあ、慣れましたけどね。
そういえば日本酒もどちらかと言えば苦手。

今は殆どお酒は飲みません。
独りでは飲めません。仲間がいないと。
雰囲気に酔うタイプなんでしょうね。
posted by タレイラン at 21:27| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな飲み物

トマトジュース

以前「嫌いな食べ物」でトマトを挙げましたが、
トマトは嫌いでも、トマトジュースは好きなんです〜。
自分でも「変わってるかな」と思っていたんですが、
これが結構いらっしゃるんですね。トマト嫌いでトマトジュース好きの方。

私は毎朝飲んでます。

トマトジュースを使ったカクテルと言えば
ブラッディメアリレッドアイが有名ですよね。

ブラッディメアリ(血まみれのメアリ)。イングランド女王メアリ1世のニックネームです。処女王エリザベス1世の異母姉でプロテスタントを迫害、処刑したことからブラッディメアリと呼ばれました。
確かにトマトジュースは血を連想させる色をしてますね。

私はビールが苦手なので、よくレッドアイを飲みます。苦味が抑えられて、爽やかな味です。汗を流した後に飲むとおいしいですよ〜
posted by タレイラン at 13:14| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。