2005年06月28日

苦手な映画

ラブロマンススプラッター

苦手なジャンルといえば上記の2つ。とはいえ、嫌いではないです。
純粋なラブロマンスは苦手ですが、これに歴史(コスチューム)、コメディ、SF、ホラー(あるのか?)など他の要素が混ざっていれば好んで見ますし、多くのスプラッター映画はユーモアの要素が入っているので、見ても苦痛になりません。

『バタリアン』などはお気に入りです。
『死霊のはらわた』なんかもゾンビーのコスチュームにユーモアが見られ、それなりに楽しいですね。
ただスプラッターは汚い。血のりとか内臓とか、あれは見ていて愉快ではないですね。

皆さんには苦手な映画のジャンルってありますか?
posted by タレイラン at 16:34| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

好きな映画 キャスト編

スニーカーズ
(Sneakers 1992年アメリカ フィル・アルデン・ロビンソン監督)

好きな映画をもう一つ。

といってもこの映画、ストーリーや映像が特に気に入ってるわけではない。
出演者が好みなのだ! 
主演がロバート・レッドフォード
脇を固めるのが
シドニー・ポワチエダン・エイクロイドリヴァー・フェニックス
そして敵役にベン・キングスレー
皆ボクの大好きな俳優ばかり。たとえれば盆とクリスマスと正月とバレンタインディが一遍にやってきたような超豪華メンバー。ボクの中のオールスターなのであります。

ああ! しかし、ダンもリヴァーも今は亡き人。
誠に惜しまれます。
ダンは『ブルース・ブラザーズ』の頃から光ってましたね。随分太ったけれど、ムーミンのような顔がまたよかった。『ゴースト・バスターズ』も面白かったなあ。
そしてリヴァー。天才子役として名をはせ、まさにこれから、というときの突然の死。ジェイムズ・ディーンにちょっと似た風貌、何よりその目つきがよかった。彼と同世代で友人でもあったキアヌ・リーブスの現在の活躍を思うとき、あらためて彼の早すぎる死が惜しまれます。

そのリヴァー、この映画を評して
「ポワチエと共演できたことだけがよかった」
と言ったとか。

でも、ストーリーもそれなりに面白いんですよ。それなりに。
posted by タレイラン at 03:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

嫌いな映画?

テレビと違って映画は、たとえDVDやビデオでもこちらから選んで観るため、「嫌い!」なものはありません。それでも脱力しちゃうのがあります。

死霊の盆踊り
Orgy Of The Dead(死霊の乱痴気騒ぎ) 1965年アメリカ A・C・スティーヴン監督 エド・ウッド脚本

邦題がイカしてますね。「盆踊り」。なんとのどかな、ミスマッチな、そしてやる気のないタイトルでしょう。でもこの邦題、映画の内容にピッタリです。

史上最低最悪の映画として有名なこの作品。ためしにgoogleで検索してみましたら約5600件もヒットしました。半ば伝説と化しているようです。
しかし皆様にご忠告。この映画は本当につまらないです。同じくだらない映画でも『キラートマト』とは違います。試しに見てみよっかな、と思っている人、もう一度言います。見ないほうがいいです

ボクもその伝説に心躍らせながら惑わされ、あちこちのレンタルビデオを巡り、やっと発見。わくわくしながら鑑賞しましたが。。。
途中で寝てしまいました
それも2度も!

ストーリーらしきものはあるんですが、ストーリーが必要なのかさえ疑問に思ってしまいます。
そしてメインの「盆踊り」が延々と続くんですが、それは
・さまざまな女性の死霊(どう見ても生きている人間)が呼び出され
・踊る
だけ。
これが何十分も延々と続くのです。途中で寝てしまうのも無理はありません。
しかもなぜか皆踊っている途中で必ず上半身ヌードになるんです。
そしてやる気なさ全開で踊る。
この映画を最後まで見た自分はなんて辛抱強いんだと思っちゃいました。

そんな脱力120%の映画なんですが、なんとDVDで「デラックス版」が出るそうです
どんな人が買うんだろうなあ。
ボクは。。。買っちゃおうかな。



追記
posted by タレイラン at 02:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

好きな映画

movies_AKT.jpg


アタック・オブ・ザ・キラートマト

1978年 ジョン・ディベロ監督

マニアにはたまらない、史上最低の映画!!

「好きな映画」と言われれば星の数ほどあって、どれもがボクの大切な思い出になっているんだけど、その中で一つ、と言われればコレ。多分他の人は思いつかないだろうから。

「史上最低」と書いたけれども、実はドベ2。史上最低の映画は「死霊の盆踊り」
これについてはまた別の頁で述べたい。いわゆるB級ホラーものであります。
低予算でスタッフ出演者にやる気があまり感じられません。B級というと失礼になるので、Z級といっている人もいるくらい。

それでも映画人の遊び心って好きです。予算がないならないなりに色々な仕掛けを施しています。
『悪魔の毒々モンスター』シリーズもお気に入り。

それらくだらなく面白い映画の中で燦然とかがやき、伝説にまでなった作品がこの『キラートマト』
タイトルどおり、トマトが人を襲うというストーリー。
でもZ級だから特殊映像なんてありません。海でトマトに襲われる女性はどう見てもトマトが浮いているプールをバシャバシャやっているに過ぎないし、パトカーを襲うトマトの群れも、誰かがフロントガラスにぶつけているだけ。
で、殺人トマトは巨大化しちゃうんだけど、それも張りぼて。しかも後ろで押している人の足が見えたり、キャスターが見えるというお粗末さ。
それでもこの映画を愛する人は多い。今あげたお粗末さも多分監督承知の遊びだから。
そして監督自ら作詞作曲した主題歌。一度聞いたら忘れません。

オープニングからスタッフロールまで壷にはまれば笑えること請け合い。笑えなかったらごめんなさい、他の映画を見てくださいね。


この映画、結構人気が出て、続編が4作まで作られました。更にディレクターズカットまで。
でもだんだん派手になってきてます。お金がかかってきてます。映像がきれいに、役者も上手くなってます。なぜか、なぜかさびしいです。(それでも笑える映画です)

というわけで一作目のコレがボクのフェイバリット!
posted by タレイラン at 00:36| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。